ピアノは嫌いだったけどギターが好きになりました。

小学生の頃、毎日放課後は何かの習い事に通っていました。

これは私だけではなく、周りの友達みんなだったので、どこの習い事に行っても同じクラスの友達がいました。

普通の田舎の小学校なんですけどね。

私は自分で行きたいと言った習い事はなく、親が決めた習い事に当たり前のように行っていましたが、それなりに楽しく通っていました。

ですが唯一、嫌いだったのがピアノでした。

ピアノは小学校に入学する前から通わされていましたが、練習をしていかないので全然出来ずによく怒られていました。

なぜ練習していかないのかといえば、めんどくさいし練習しても全然うまく出来なかったからです。

楽しくもないし、ピアノも好きじゃないし向いてなかったんでしょうね。

みんな小学校卒業まで通ってましたが、私は小学校4年生のときに限界がきて親にやめたいと言ってやめました。

自分からやめたいと言った習い事はピアノだけでした。

最後までやり遂げることはとても大事だと思います。

でも、限界がきてイヤイヤするくらいなら、スパッとやめて他のことに時間を費やすほうが良いと思います。

ピアノが嫌だ嫌だと長らく悩む必要はなかったんだなぁと思いました。

ちなみに中学生以降、ピアノを習っていたおかげでいろいろ役に立ったことがあったので、すごく嫌だったけどピアノを習わせてくれたことには感謝しています。

なんでもやってみないとわからないですよね。

その後社壊人になってからギターに興味を持ち始め、アコギを購入しました。

ピアノはなんとかなるものの、ギターはさっぱり。

そこで、古川忠義のギター講座を購入して、なんとか弾けるようになりました。

会社帰りが遅い私にはギター教室に通うのはすごく大変なので、この教材はすごく勉強になりました。

おかげさまで、今はベンチャーズを弾きまくっています^^